日本ろうあ者卓球協会のタイトル

第23回夏季デフリンピック(サムスン2017)

現地からの報告

現地からの報告をTwitter及びFacebookで速報しておりますのでご覧ください。


第23回夏季デフリンピック(通称:サムスンデフリンピック)について

第23回夏季デフリンピック日本代表団

 国際ろう者スポーツ委員会(ICSD)主催で、4年に一度開催される聴覚障害者のオリンピックである「The 23rd Summer DEAFLYMPICS Samsun 2017(第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017)」が、2017年7月18日から7月30日まで、トルコのサムスン市にて、開催されます。
 日本卓球チームは、前回大会のブルガリアデフリンピックで世界チャンピオンに輝いた上田萌選手が引退し、今大会は、昨年カムバックした亀澤理穂選手を筆頭に、前回高校生として出場した川崎瑞恵選手、 そしてデフリンピックは初出場となる高岡里吏選手の3名でメダル獲得を目指していきます。
 皆様からの温かい応援を宜しくお願い致します。

大会概要

【大会名称】 第23回夏季デフリンピック(通称:サムスンデフリンピック)
【開催期間】 2017年7月18日(火)開会式 〜 7月30日(日)閉会式(13日間)
【渡航日程】 (卓球)7月16日(日) 成田国際空港発
           〜 8月1日(火) 成田国際空港着
   # 各競技団体でそれぞれ渡航予定
【開催国、都市】 トルコ・サムスン
【運営主体】 国際ろう者スポーツ委員会
(International Committee of Sports for the Deaf)
サムスン2017デフリンピック大会組織委員会
(the 23rd Summer Deaflympics Organizing Committee)
【参加国・地域数】 97ヶ国・地域(予定)
【競技種目】

(1つの国から
の参加数)
団体戦:
  男子団体(1チーム)、女子団体戦(1チーム)

個人戦:
  男子シングルス(4人)、女子シングルス(4人)、
  男子ダブルス(2組)、女子ダブルス(2組)、
  混合ダブルス(4組)

今大会の卓球競技は全日本ろうあ連盟スポーツ委員会が定める派遣基準を満たした女子選手3名のみの派遣となります。

   デフリンピックについての詳細は、下記のサイトをご参照ください。


日本代表チームの紹介

 卓球団長  監督  コーチ  手話通訳
大平 静也 須藤 聡美 大倉 峰雄 井出 敬子
日本精機(株)
当会事務局長
(新潟県)
当会強化部
NT監督
(埼玉県)
東北福祉大学
卓球部監督
(宮城県)
手話通訳士
(神奈川県)
 
 女子選手
主将 選手 選手
高岡 里吏 亀澤 理穂 川崎 瑞恵
アクサ生命(株)
(東京都)
花王(株)
(東京都)
大正大学
(東京都)

 

出場種目

 女子団体  高岡、亀澤、川ア
 女子シングルス  高岡、亀澤、川ア
 女子ダブルス  亀澤・川崎組


過去の記録


この本サイトの著作権は全て日本ろうあ者卓球協会に帰属します。
本サイトの記事や写真などの無断転載・無断コピーを禁じます。
Copyright (C) 2006-2017 Japan Deaf Table Tennis Association. All rights reserved.